ページ

2013/07/09

ミルトーク with 緑画「自然とは何か?」

こんばんは、まつかわです。
日付が変わってしまいましたが、ミルトーク、無事終了しました。
ご参加くださったみなさま、暑い中、本当にありがとうございました。

ミルトーク中に、ゲストの村山修二郎さんが描いてくださいました。
葉っぱを紙にこすりつけると同時に立ち上がるドクダミの香り・・・。
残念ながら香りは伝わりませんが、動画をアップしておきましょう。

video

このあと、香りも作品に含まれるかどうか、描かれるものが自然物であることに意味はあるのか、これは「絵画」なのかインスタレーション的なものなのか、アートとは何か、自由だけど思い通りにならないって?etc...をめぐって様々な意見が交わされました。

和室で作品を手にとりながら鑑賞。贅沢。

みなさんが次々に村山さんに質問されるので村山さんのお話をきく時間が思いのほか長くなってしまい、ちょっと戸惑いましたが、それだけ色んな疑問を掻き立ててくれる作品だったのだろうと思います。
ときどき、みなさんの疑問のなかにある考えを掘り起こしたりしながら、たくさんのことを考えさせられました。

ひとつひとつ、丁寧に質問に答えてくれる村山修二郎さん

終わるころには、アート作品に向き合う自分自身の姿勢を問い返される結果となり、これを書いているいまもまだ、ドキドキしています。
「自然とは何か」についても、少なくとも答えのうちの一つを発見することができました。

村山さん、ご参加いただいたみなさん、村山さんと引き合わせてくださったArt-Philさん、会場を提供してくださったofficeドーナツトークのみなさん、ありがとうございました。
また今回のように、作品を通して語り合う機会を設けられたらと思います。